スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【舞台はここに】池田遥邨「雪の大阪」 大阪・中之島(産経新聞)

 ■絵描きが好んだ詩情、近代建築

 雪が降り積もった冬の朝。公園の中にある噴水も音楽堂も、冷たく真っ白に彩られている。そばの川には、たゆたう外輪船。空も川面も白くかすんで、雪が都会に幻想のベールをかけたようだ。

 題名を見ずにこの絵だけを見たら、どれぐらいの人が大阪と気づくだろうか。中之島の一番東、難波(なにわ)橋から天神橋あたり。風景画を手がけた日本画家、池田遥邨(ようそん)が初めて帝展(帝国美術院展覧会)で特選を得、画壇の中枢に駆け上がっていく記念碑的作品「雪の大阪」は、中之島が舞台だった。

 昭和3年2月11日、大阪は22年ぶりの積雪となる。京都に居を構えていた遥邨は絶好の機会とばかりに電車にとび乗り、中之島を訪れたらしい。ふだん煤煙(ばいえん)の町といわれていた大阪が、7センチほどの積雪で見事な清浄さに変貌(へんぼう)していた。

 「中之島はいろんな角度から描けますが、遥邨がこのアングルでとらえたのは見た目のきれいさもあったのでしょう。大阪の町を彼ほどきれいに描いた画家はいません」。大阪市立近代美術館建設準備室主任学芸員の小川知子さんはこう言う。

 大正から昭和初めごろの中之島。それは絵描きにとって「描かない人はない」ほどの特別な場所だったという。水辺がある風景が醸し出す詩情に加え、急速な都市化の中、中之島と対岸には斬新なスタイルをもった建物が次々と建てられた。そのころに絵を志す人、特に洋画家ならみんなあこがれたというパリのシテ島も連想させる場所だったに違いない。

                   ◇

 もともと洋画出身の遥邨が描いた「雪の大阪」の見どころは、日本画では異例なほどの写実性にある。絵を見ていると、80年あまり前にタイムスリップした感覚にとらわれるほど。描かれた水辺を歩いてみたら、さらにその正確な描写に驚かされる。

 京阪電鉄天満橋駅前の八軒家浜から大川沿いに下っていくと、目にとまるのが、絵では右手にあるルポンドシエルビルのレトロなタイルの壁だ。大正15年、大林組本店ビルとして建てられ、今はおしゃれなフランス料理店などになっている。

 さらに土佐堀川沿いに下り、難波橋を半ばまで渡る。そこから現在の大阪市立東洋陶磁美術館にいたるあたりが、遥邨が「雪の大阪」を取材した場所といわれている。今では阪神高速やビルに視野を遮られるが、当時は大阪城の全容が見通せたのだろうか。画面上部の大阪城は天守閣の再興(昭和6年)前で、雪に覆われた石垣の重なりが荘重に描かれる。

                   ◇

 今も大阪の文化ゾーンとして、休日には画板を抱える人が多い中之島。しかし周辺には近代建築にかわって高層ビルが立ち並び、芸術の舞台としての中之島は変わりつつある。

 東洋陶磁、国立国際などの美術館に加え、大阪市立近代美術館の建設計画も動き、美の“受け皿”が整う中、「単に絵を描くだけではない立体や川を使ったプロジェクトなど、若い世代の美術家が何かを生み出してくれるのではないか」と小川さんは言う。

 描かれる町から創(つく)る町へ。中之島はどんな芸術を残せるのだろう。(坂下芳樹)

                   ◇

【中之島を描いた画家たち】

 大正から昭和初期、洋画家も中之島あたりを多く描いた。都市の風景を得意とした国枝金三、後に日本画に転向した青木宏峰の作品ほか、小出楢重も中之島の近代的な都市風景を好み「市街風景(街景)」を描いた。フランスで活躍した佐伯祐三は大正15年から昭和2年まで帰国した際、「肥後橋風景」を描く。織田一磨は連作版画「大阪風景」に数多くの作品を残している。

                   ◇

 歌舞伎や小説、絵画、歌…。さまざまな作品に登場する舞台の“今”を訪ねます。

【関連記事】
松たか子、主演舞台で「エッチなお芝居」
未来のタカラジェンヌ40人 宝塚音楽学校で入学式
NHK時代劇「まっつぐ 鎌倉河岸捕物控」 ドラマ支える「匠の技」
漱石の「坊っちゃん」 主人公は新潟人?!
「命を吹き込む音楽」東京芸術劇場が秋にブラス週間
外国人地方参政権問題に一石

<平等院鳳凰堂>CGでよみがえる色や文様(毎日新聞)
拉致逮捕状撤回求めず=よど号メンバー「解決に協力」-訪朝支援者に表明(時事通信)
火山噴火 政治、スポーツ、芸能活動にも影響(産経新聞)
「メディカル・ハイネット」に破産手続き開始決定(医療介護CBニュース)
中学での「死亡確率」突出 柔道、頭部ガードの対策必要(産経新聞)
スポンサーサイト

「自然現象だからしょうがない…」アイスランド噴火で欠航相次ぐ成田(産経新聞)

 アイスランドの火山噴火による火山灰の拡散により、英国など欧州各国の空港が閉鎖された影響で、成田空港では16日、欧州方面の欠航便が相次ぎ、出発ロビーは足止めされた乗客らが困惑した表情を浮かべた。

 この日、成田空港では、日本航空のロンドンやパリ行きなど出発5便、到着4便が欠航し、約2300人に影響が出た。全日空でも出発3便、到着4便が欠航となった。

 仕事でパリへ向かう予定だった京都市の音楽家、生方則孝さん(51)は「前日から事態が予想されていたはずなのに、航空会社からは何も連絡がなかった。朝も電話がつながらず、とにかく成田に来るしかなかった」と航空会社の対応に不満を漏らした。

 コペンハーゲン行きで帰国する親戚(しんせき)を見送りにきた八千代市の男性(68)は「朝、空港に来て欠航だと知った。自然現象だからしようがない」と困惑した様子だった。

【関連記事】
アイスランド噴火で成田発着22便が欠航
火山噴火で欧州の空が大混乱 各国で空港閉鎖相次ぐ
地熱発電を世界展開へ 三菱重工とアイスランド電力最大手が連携
アイスランドで火山噴火 450人避難
アイスランドで国民投票、英蘭の預金保護問う
外国人地方参政権問題に一石

詐取金でマンション購入 容疑の組員ら逮捕(産経新聞)
3万6000円のマラドーナのトレカ盗み逮捕 栃木(産経新聞)
<日韓議連>新会長に渡部恒三氏 政権交代で自民・森氏から(毎日新聞)
「ママ、シャボン玉お願い! 」=自由研究、宇宙に託す-長女優希ちゃん(時事通信)
「舛添氏、政局に関係ない」=民主・渡部氏(時事通信)

雑記帳 オットセイ「タロちゃん」新居へ 宮城(毎日新聞)

 岩手県宮古市の田老(たろう)川河口に現れ、1月に衰弱のため宮城県松島町のマリンピア松島水族館に保護されたキタオットセイの赤ちゃん「タロちゃん」が15日、保護水槽から一般展示水槽に移された。

 保護当時と比べて、体重が1.4倍の10.2キロに成長。食欲も旺盛で、海に帰る訓練と運動不足解消のために引っ越した。広い「新居」で自由に泳ぎ回り、愛くるしい仕草でまた人気者に。

 オットセイの群れが三陸沖を通る来年の冬に海へ戻す方針という。群れをはぐれ、不慣れな環境でもたくましく育つ“前途洋々”のタロちゃん。悩める新社会人の励みになるかも。【渡辺豊】

川崎マンション火災 3歳の双子死亡、祖母は重体(毎日新聞)
<チューリップ>春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)
インターネットを利用した訪問介護管理者研修を開始(医療介護CBニュース)
<ISS>山崎飛行士が宇宙で琴、「さくらさくら」を演奏(毎日新聞)
光ケーブル課徴金160億円、各社に通知(読売新聞)

首相動静(4月8日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時24分、公邸発。「『たちあがれ日本』というネーミングはどうか」に「何も申し上げることはない」。同26分、官邸着。同27分、執務室へ。
 午前9時30分、仙谷由人国家戦略担当相、古川元久内閣府副大臣が入った。同35分、平野博文官房長官が加わった。
 午前10時17分、全員出た。
 午前10時18分から同40分まで、平野官房長官、内閣府の古川副大臣、津村啓介政務官、野田佳彦財務副大臣、松井孝治官房副長官。同41分から同55分まで、枝野幸男行政刷新担当相、加藤秀樹行政刷新会議事務局長。
 午前11時1分、執務室を出て、同2分、特別応接室へ。「世界平和アピール七人委員会」の小沼通二慶大名誉教授らが表敬。荒井聡首相補佐官同席。同33分、同室を出て執務室へ。午後0時1分、同室を出て、同2分、官邸発。同3分、公邸着。当選1回の民主党衆院議員らと昼食。松野頼久官房副長官同席。
 午後0時38分、公邸発。同39分、官邸着。同40分、執務室へ。
 午後0時52分、執務室を出て、同53分、官邸発。同55分、国会着。同56分、衆院本会議場へ。同1時2分、衆院本会議開会。
 午後2時19分、衆院本会議散会。同20分、衆院本会議場を出て、同21分、国会発。同22分、官邸着。同24分、執務室へ。
 午後2時48分から同3時3分まで、松野官房副長官。
 午後3時4分から同40分まで、植松信一内閣情報官。
 午後3時41分から同4時36分まで、直嶋正行経済産業相、望月晴文経済産業事務次官、石田徹資源エネルギー庁長官。
 午後4時37分、長妻昭厚生労働相、厚労省の細川律夫、長浜博行両副大臣、山井和則、足立信也両政務官が入った。同45分、泉健太内閣府政務官が加わった。同5時1分、全員出た。同2分、執務室を出て、同3分、南会議室へ。森林・林業に関する意見交換会。
 午後6時2分、南会議室を出て、同3分、執務室へ。
 午後6時19分、執務室を出て、同20分から同26分まで、大ホールで報道各社のインタビュー。「オバマ大統領に普天間移設の腹案を話すのか」に「事前に言えない。経緯は話したい」。同27分、執務室へ。
 午後6時31分、執務室を出て、同32分、大会議室へ。行政刷新会議開始。
 午後7時30分、行政刷新会議終了。同31分、大会議室を出て執務室へ。
 午後7時34分、執務室を出て、同35分、官邸発。同36分、公邸着。民主党の渡部恒三元衆院副議長、鹿野道彦衆院予算委員長、松原仁衆院予算委員会筆頭理事らとの夕食会開始。
 午後9時、夕食会終了。
 9日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

ホストクラブ1回700万、公正証書も書かせる(読売新聞)
石原都知事来たけど若手来ない…与謝野・平沼新党(スポーツ報知)
<超高温・高圧>地球中心部に匹敵…海洋機構などが世界最高(毎日新聞)
力士暴行死の元親方、2審は懲役5年に(読売新聞)
ビール類出荷、過去最低 1~3月(産経新聞)

スーツケース遺体 出頭の男逮捕、女性遺棄容疑で 金沢(毎日新聞)

 金沢市の山中でスーツケースに入れられ頭部を切断された女性の遺体が見つかった事件で、石川県警金沢中署捜査本部は2日朝、前日夜に同署に出頭した男を死体遺棄容疑で逮捕した。男は「自分が遺棄した」と供述。殺害についてもほのめかしているという。頭部は「スーツケースと同じ場所に捨てた」と供述しており、捜査本部は同日午前、同所周辺の山中の捜索を始めた。

 男は同市安江町、自称無職、飯沼精一容疑者(60)。逮捕容疑は、昨年10月上旬ごろ、スーツケースに女性の遺体を詰め込み、同市二俣町の県道沿いのがけ下に投げ捨てた、とされる。

 捜査本部によると、飯沼容疑者は遺体について「昨年春に雑誌の女性紹介広告を通じて知り合った30歳代の外国人女性」と供述しているという。捜査本部は詳しい経緯や動機を調べるとともに、遺体の身元特定を急いでいる。

 スーツケースは建築会社員が発見し、3月29日に「異臭がする」と通報。同日、県警が中から遺体を発見した。【宮本翔平、松井豊】

【関連ニュース】
スーツケース遺体:男が出頭、関与ほのめかす…石川県警
死体遺棄:スーツケースから頭部のない女性遺体 金沢
金沢・女性遺体遺棄:男出頭、関与か
死体遺棄:スーツケースに遺体 死後数週間、頭部ない女性--金沢の県道脇
金沢・女性遺体遺棄:遺棄は22日以降 首切断から時間置く?

教頭が大麻「自分で吸うため」自宅に所持し逮捕(スポーツ報知)
<水俣病>出水の会、国の救済策受け入れ(毎日新聞)
<年金監視委>権限を強化…政令に基づく組織に(毎日新聞)
門前払い避けた米政府 「継続使用」伝達のタイミング計る 普天間移設問題(産経新聞)
三重で上げ馬神事 1馬転倒死「問題なし」(産経新聞)

<河村名古屋市長>リコール運動不調でも辞任せず(毎日新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は29日の定例会見で、市長の支援団体が行う議会解散請求の署名活動が不調に終わった場合でも、自ら辞任して出直し市長選を行う考えはないことを表明した。

 河村市長は「市長選だけやっても意味がない。こういう時に辞職して市長選をする人がいるが、短時間で現職に向かって来いというのは税金の無駄遣いだ」と述べた。河村市長は議会解散が実現した場合は、自身も辞任して市長選と市議選の同日選にする方針を示している。この日も「署名が集まらないとは考えていない。議会の問題点を市民に問いたい」と同日選の意義を強調した。

 河村市長の支援団体は、市民税10%減税が10年度限りとなったことや、市長提案の議会改革関連条例案が否決されたことに反発、リコール署名集めに向けた活動を本格化させている。市長自身も27日、街頭に出てリコールを訴える演説をしており、今後も活動を支援する考えを示した。【丸山進、高橋恵子】

【関連ニュース】
名古屋市長:自転車で町へ 議会リコールの受任者募る
河村たかし市長:リコール陣頭指揮 議会対決一段と先鋭化
河村市長:民主党県連に市議が直訴「反党的な行為がある」
衆院選:「政治に対する民の怒り爆発」名古屋市長
雑記帳:「名水対決」名古屋市長、富山に1票

歯科医院で爆発、4人重軽傷=ガス漏れが原因か-大阪(時事通信)
「愛国心」子供条例案、可決 浜松市議会(産経新聞)
<講談社>「TOKYO1週間」「KASAI1週間」休刊へ(毎日新聞)
【あれから、15年 警察庁長官銃撃事件】(中)「供述100%あてにならない」(産経新聞)
ハイチ「抗争や銃声に緊張」=PKO陸自1次隊長ら帰国-成田(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。